クリスマス・エンジェル


ながれる風に心を放ち
by ceramica357
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

自分でも懐かしく (カターニャの写真とともに)

エキサイトのブログ、皆さんがとても素敵に書いているので、いいなと思って
5年前に自分も始めたのですが。。
a0205567_06464360.jpg

初めに原稿を、メモ帳か何かで作っておかなかったために、なんとか書けた
原稿を、何度も何度も、送信中にパーにして。
a0205567_06540920.jpg

私のパソコン歴の長さイコール喪失した原稿へのオマージュの長さ、ちょっと
落ち込みますし、悲しく、以後ストップしてしまったんでした。
a0205567_06531403.jpg

今年は、あれから、5年。。復興への道のりを毎度考えていくたびに、5年前に
誓った思いを、形にできるようにとの思いを新たにして、懐かしいこのブログを
もう一度、続けてみたいなって思いました。
a0205567_06554805.jpg
再訪したB&B オーナー ケーティさん手描きのシチリア地図がカワ(・∀・)イイ!!
a0205567_06480268.jpg
いつか、ここでオペラが見たい。。ベッリーニ劇場。

あれから、シチリア滞在数回。。そのたびやはり、シチリアの方々、特にカターニャの
方々の、温かな心遣いに感謝して。。
a0205567_06512761.jpg
a0205567_06503100.jpg
上の2枚は、教会に使われる大きなキャンドルを扱っているお店。飾られているsantaアガタの神々しさに思わず、カトリック信者でない私も祈りの気持ちでこうべをたれます。。

# by ceramica357 | 2016-03-31 07:09 | そして イタリア2016へ 

パレルモ パラティーナ礼拝堂

パレルモ観光最大のハイライトは、ノルマン王宮のなかにある、パラティーナ礼拝堂
なのだと思います。

前回、モンレアーレが好きになったのも、パレルモが好きになったのも、問答無用!!
と、いわんばかり黄金に輝くモザイクの壮麗さに息を飲んだから。。。

ラヴェンナが大好きな私でした。 こちらへ来た時に
ビザンチン美術への興味がますますたかまってしまいライフワークへと発展
しました~パラティーナ礼拝堂さんに、感謝。 それにしても。。。ゴージャスな。

a0205567_0373778.jpg


a0205567_0383039.jpg

a0205567_0384944.jpg

a0205567_039679.jpg


a0205567_0392735.jpg

a0205567_0393914.jpg

a0205567_0394424.jpg

a0205567_0395764.jpg

a0205567_0402412.jpg

a0205567_0403759.jpg

a0205567_040401.jpg


                  


ノルマン宮殿の入り口左側には、本屋さんの入り口も。
# by ceramica357 | 2011-06-20 01:15 | 旅 イタリア2011 早春

パレルモのホテルと。。

伝統美に彩られたパレルモのホテルでひときわ、大切にそっと飾られていた
作曲家ワーグナーが、滞在して作品パルジファルを作曲したという、そのピアノ。

a0205567_4484856.jpg

a0205567_4485982.jpg
フロントの老練な紳士は、コンシェルジュにも変身、パソコンのプリントや、お薦めのCDショップ
荷物の一時預かりなどなど、多岐にわたって丁寧に応対してくれました。
プロのお仕事、という言葉を、目の前で見せてくれた、と、思います。
a0205567_4491040.jpg
a0205567_450267.jpg

どこをみても、古き良き時代。。。の面影
a0205567_4501132.jpg

a0205567_4501612.jpg
a0205567_4502137.jpg
a0205567_4502392.jpg
a0205567_4503376.jpg
a0205567_4503839.jpg
a0205567_4504736.jpg

ホテルの目の前には、かわいいリネン類のお店が~。
全部、買って帰りたいほど。。ぐうっとがまんです。

5年前、6月中旬にツアーで、母たちと訪れて、かなり暑かったのを覚えていました。
でも、とにかく、タオルミーナとパレルモ、モンレアーレがすてきだったので
シチリア再訪をねがっていました。 アラブノルマンの香りのするパレルモは
なぜか心をとらえて離さない魅力を感じます。
2日晴れると、2日小雨。。というような3月初旬のパレルモ。
かなり、過ごしやすい気温でした。
# by ceramica357 | 2011-06-19 05:27 | 旅 イタリア2011 早春

パレルモの考古学博物館

パレルモ マッシモ劇場の近く、考古学博物館があります。
入口が、表通りと反対側にあるため、静かで落ち着いたたずまいです。

a0205567_14482642.jpg
a0205567_14483212.jpg
a0205567_14483489.jpg
a0205567_14484444.jpg
a0205567_144907.jpg


いにしえの人々、ものたちとの対話をたのしみましょう、と。
a0205567_1449475.jpg
a0205567_1449740.jpg
a0205567_14491523.jpg

a0205567_14491878.jpg

a0205567_14494869.jpg

モザイクタイルも修復されてこんなにきれいに。
並木道のもと、びっしりと駐車されていますけれど、通り抜けが大変そうです。
a0205567_1450059.jpg
# by ceramica357 | 2011-06-15 15:12 | 旅 イタリア2011 早春

カターニャのB&B

シチリア第二の都市カターニャ。 
エトナ山からの溶岩が冷えてかたまったこの近辺の石はダークグレーだそうです。
なので、その石を利用してつくられたこのカターニャの町全体は、濃い目のグレーのイメージ。



a0205567_17174528.jpg


空のいろ、どうやったら、こんなえも言われぬ色がつくれるんでしょう。 
写真の技術がなくて、かなしいです。 縮小や加工を覚えなくては。
a0205567_1720269.jpg


B&Bをやっている若いお嬢さんは、宿泊客へのコーヒー一杯、一杯に、真心をこめていました。
マシーンに顔をくっつけるようにして覗き込み、抽出の具合を深いため息と、自分への評価をくだしながら
楽しんでいるようなのです。
カプチーノを頼んだわたしのカップに向かい、2度3度 ”ファンタスティックだわ~!”とその出来具合に
満足げ。


a0205567_17205215.jpg

a0205567_17205979.jpg


きっと、彼女は、ファンタスティック!!なB&Bを、やりたい、と、念願していたのでしょう。
数室のB&Bは、彼女のテイストに合わせて、一部屋一部屋、楽しげにコーディネートされていました。

郵便局への道を尋ねた私に、一生懸命に英語で、説明してくれるんですけれど、ひとことひとこと
言う度にこの英語で、正しい?これであってる?って聞きながら、説明してくれるんです。

そういえば、シチリアにいるあいだ、東洋人は英語を使うものと思われているのか、英語で話しかけられ
そのあとで、この英語でいいのかしら?と、質問されることは、よくありました。。。(とほほ、修正を加えて
あげるなど、とんでもないこと、です~。。。と。おもっていましたら)

カターニャの駅から、電車に乗ってきた大学生の女の子が私に、”この、電車で間違いないわ。安心して”
と、いうつもりのところを、
”あんしんして”を” BE QUIET” と。   えええ~。”お黙りなさい??” (笑)
a0205567_17214219.jpg


どことなく、くすんだ色合いで、最初ちょっと、とっつきにくい印象の町した。
でも。。ここは本当に大きな都市なのかな、とおもうくらい、カターニャで接した方々は
純朴で、あたたかでした。日本が好き、日本のアニメが好きという人たち。
見知らぬ日本人に、平気で一時間くらい話し込んでいきます。

メーターを上げずに、納得いくまで案内を続けてくれたタクシーの運転手さんたち。。
最初に料金交渉をしておかないとイタリアの大都市では
ぼったくりの運転手さんに引っかかる、と、疑心暗鬼だった自分を恥じました。

そういえば、今回、パレルモの運転手さんたちも3人とも良心的でしたっけ。

もう一度ゆっくりカターニャへかえりたい。、カターニャの運転手さんと約束しました。
イタリア語で、とても好きな言葉です。

日本語で、もう一度イタリアを訪れたい。もう一度イタリアへ行きたい。というところを
イタリア語で、訪れたい、行きたいでなくて、イタリアへ帰りたい。 帰る。ということ。

イタリア人たちに、今度、いつイタリアへ帰る?といわれると、自分にもう一つの故郷が
あるような錯覚に、ちょっとうれしい思いをすること、イタリアを訪れた外国人にはあるのかも
知れません~♪
a0205567_1723560.jpg

a0205567_17231091.jpg

# by ceramica357 | 2011-06-14 18:53 | 旅 イタリア2011 早春
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧